よくある質問

TOPページ > よくある質問 > よくある質問回答集

〇セブ島留学について

Q.フィリピン人の発音はどうですか?
人にもよりますが、基本はアメリカ文化の影響が大きいため、アメリカンアクセントになります。さらに一般のフィリピン人の英語よりもBrilliantCebuで採用している講師は厳しい採用条件をクリアし、優秀な大学を卒業された方で、発音、文法など細かいところも審査対象にしていますので、講師の質で心配される必要はありません。

Q.留学期間が1週間からありますが短期でも身に付くものでしょうか?
1週間という期間は短いですが、BrilliantCebuでは一般英語コースでも1日6時間のマンツーマン授業が行われ、授業時間数も1日8時間実施されます。学生様が実際話される英語の時間数を考えますと、リスニング量とスピーキング量が断然多くなりますので、自分がどれだけ英語を使って話したかというところで英語力または自信に繋がってくるということです。

Q.セブ島の治安はどうですか?
フィリピンの中では世界的なリゾート地として知られ治安は良いとされ、普段の生活をする上ではまず危険なことはありません。但し、スリ、ひったくり等には十分気を付けて頂き、また、暗い夜道を1人で歩いたりということは避けると言うのは日本と同じになります。また、セブでは未だテロのような事件も発生しておりません。

〇BrilliantCebuについて

Q,BrilliantCebuと他の語学スクールとの違いは何ですか?
大まかな違いを説明しますと3点ございます。

1つ目は、お部屋の快適さです。設備も従来の「住めれば良い」からより生活面で快適にお過ごし頂けるようにお部屋のグレードに拘り、より勉学に集中できる日本人経営ならではの細かい配慮がされています。薄型テレビ、DVDデッキ、お部屋内専用WIFIモデム(快適なインターネット環境)、冷蔵庫、清潔な水回りと、快適に留学いただけるように配慮しております。

2つ目は、講師の質を重視しております。新規で講師を採用する際の基準が、4年生大学を卒業し、講師歴が1年ある人が最低基準になっております。フィリピン人は英語が出来ても英語を教えることを経験したことがある人と、ない人では教授する自信の違いが大きく出てきてしまいます。またTOEIC模擬で950点を取得してから、正規採用としております。当校では、講師全員がTOEICのみではなく、IELTS、TOEFL対策、またビジネス英語をしっかりと教えられる講師を養成し、真のプロの講師を養成しております。これらは、当校では学生定員30人と小規模になり、そのためより講師の厳しい厳選が可能となります。

3つ目は、日本人経営により、日本人によるホスピタリティーあるサービスを提供しております。講師と、学生、スタッフが全員が仲良く、アットホームで安心、快適な留学生活をモットーに努めております。

Q.学生の国籍比率は?
現在は日本人に向けた食事、生活空間を提供し、フィリピンで日本人が英語学習に集中できる環境つくりにしているため、他の国の留学生は殆ど受付けておりません。

Q.日本人が多いと日本語を多く使ってしまい英語力が付くのか心配ですが。
BrilliantCebuでは朝8時~16:30まで1:1のマンツーマン授業だけで6~8時間あり、授業数も多いため、十分に英語環境になっております。また授業で習ったものを、夜に復習する時間を入れますと、1日中英語漬けの環境になります。欧米留学の場合は、午前中だけの授業、また講師1名に対し、生徒が12~20人ということで、プライベートの時間で自ら英語を話す環境をつくることが求められます。従来の欧米留学ではそのような環境になり、せっかく中長期で欧米に留学したのに話せるようになれなかった、また外国人と積極的に友達を作らないとダメだということになります。フィリピン留学・Brilliant Cebu校では英語漬けの環境がコース・プランに自然と組み込まれております。また、女性限定ですが、同じ建物内で‘‘セブ医科大学生とのルームシェアプラン‘‘がありますので、更に1日中英語漬けになりたい方に、こちらのプランをお勧めしております。

Q.留学する人は、大学生が多いですか。
当校はお部屋の質を重視される方、またマンツーマンレッスンを多く取り入れたカリキュラム構成になっていますので、主に20代半ば~40代の多くの社会人の方に留学して頂いています。

Q.空港までのお迎えは何時までですか。
基本的にフィリピン留学では日曜日に現地へ到着して頂く形となりますが、
日曜日中でしたら深夜でも早朝でもお迎えに向かわせていただきますのでご安心ください。

Q.最短でどれくらいの期間、留学が可能でしょうか。
1週間からのお申込みとなります。

Q.入寮・退寮・延泊について。
日曜日の15時よりチェックイン、土曜日12時(正午)までにチェックアウトとなります。
前泊・延泊の場合は2000ペソ/1泊(2人~5部屋の場合は1500ペソ/1泊)をお支払い頂きます。

〇英語学習について

Q.留学前にある程度の英語力は必要ですか?
フィリピン人が話す英語は、丁寧な教科書通りの英語を話される方が多く早口で話される方も多くいません。また、マンツーマン主体の授業によりご自身のレベル、ペースで授業が行われ、「ついていけない」と感じることがほとんどない為に、特に英語初心者の方ほど実際の英語力の伸びと自信を付けて頂けるのがBrilliantCebuのカリキュラムになります。

Q.朝8:00~16:30まで授業が入っているみたいですが、集中力が続くか心配があります。
BrilliantCebuも授業時間はしっかりご用意させて頂いていますが、体調不良などで欠席する場合も届出を提出頂けましたら欠席が可能になりますので、ご自身のペースで授業を受けて頂ければと思います。

Q.土曜、日曜、祝日は通常授業がないみたいですが、希望を出したら授業を受けることは出来ますか?
はい、可能ですが講師の人数調整のためお申込み時点でお伝え頂くことをお願い致します。
その際の追加レッスン料として、別途マンツーマン授業1コマにつき700ペソが必要になります。

Q.どのくらいの留学期間がお勧めですか。
生徒様の英語レベルと上達速度の個人差があるので一概には言えませんが、
以下を目安に御検討いただけたらと思います。
1ヶ月間 ⇒ 単語での会話・知っている英単語が聞き取る事が可能
2ヶ月間 ⇒ 単語のみではなく、短い文章での会話が出来るようになる
3ヶ月間 ⇒ 会話に自信がつき、相手の英会話の文章が聞き取れるようになる
4ヶ月間 ⇒ 短い文章ながらも日常会話が可能になる
5ヶ月間 ⇒ 通常の日常会話、長文での英語の文章の理解力が伸びるようになる
6ヶ月間 ⇒ 発音も大分滑らかになり、相手の長い英会話文章に合わせて会話が可能

〇お部屋内について

Q.お部屋の広さはどのくらいですか?
お部屋は学生様のご希望に合わせまして、以下の3タイプをご用意しています。
・スイートタイプ
・デラックスタイプ
・スタンダードタイプ
スイートタイプはお部屋が広く(35平米前後)電子レンジ付きで、見通しの良い外窓があります。
デラックスタイプは外窓付きのタイプでスイートタイプよりは若干狭いお部屋になっています。
スタンダードタイプは廊下側に窓があるタイプになっておりますが、お部屋の広さも十分ありますのでご満足頂けます。
※デラックスタイプは、お部屋の位置とビルの向きの関係上、窓から見える風景とお部屋の広さが各お部屋によって異なります。
お部屋によって離れてはいますが、隣接しているコドミニアムが窓から見える場合があります。

Q.アメニティ類は用意があるのですか?
はい、1泊分でございますが、シャンプー、コンディショナー、固形石鹸、フェイスタオル、バスタオル、ドライヤーをご用意させて頂いています。
※3~5人部屋(女性限定)の場合、ドライヤーは有料貸し出しとなります。

Q.シャワーは当然お湯は出ますよね?
もちろんホットシャワーも使用できます。フィリピンはお国柄、水道管が全体的に細く、皆様がシャワーを一度に使われた際などは、水圧や湯量が弱めになることがありますので、あらかじめご理解頂きますようよろしくお願い致します。

Q.お部屋内にある設備は具体的に何がありますか?
【1人部屋、2人部屋の場合】
キッチン、冷蔵庫、ケトル、クローゼット、テーブル、液晶テレビ、机、椅子、ドライヤーになります。

【3~5人部屋ルームシェアの場合※女性限定】
・トイレ/シャワー:双方バスルームに入っており、シャワーブースで区切られております。
・シングルベッド
・机・椅子
・収納スペース

※タオル・トイレットペーパー・お水は、ウェルカムセットとして入寮日にお渡しします。
※ドライヤーは有料(200ペソ)で貸し出しさせていただきます。

Q.キッチンがあるようですが、自炊も可能ということですか?
はい、ご希望があれば、鍋やフライパン、シルバー類、お皿をご用意させて頂きます。(数に限りがあります。)
なお、お食事は学校側でご用意させて頂いていますのでご安心下さい。(朝食・昼食)

Q.お部屋内でインターネットは使用できますか?
はい。当校の特徴として各お部屋内に専用WiFiモデムを設置しておりますので。フィリピンでありながら早い接続が可能になっています。またLANケーブルを使用し有線でもご利用が可能でございます。

〇留学手続きについて

Q.SSPとは何ですか?
フィリピンで観光目的で入国した外国人がフィリピン国内で合法的に勉強するために必要なビザの一種です。フィリピンでの短期間での留学においては、仮に留学期間が1日であっても必ずSSPが必要となります。
有効期限は1回の申請で、6ヶ月間有効になります。

Q.VISAは必要ないと言うのは本当ですか?
30日以内の滞在に限りビザは免除されます。
30日を超える滞在の場合はビザの延長の手続きをする必要がございます。なおビザ延長のお手続きは全て学校側が代行致し、面倒なお手続き等はございませんのでご安心ください。
ビザの延長費用は料金表でご確認下さい。

Q.ACR Iカードとは何ですか?
外国人登録証(Alien Certificate of Registration Identity Card, ACR I-Card)です。
フィリピンに長期滞在(59日以上)する方は申請が義務付けられています。

Q.申し込みをした後にキャンセルとなった場合はどうなりますか?
学校規定に沿ったキャンセル料が発生しますので予めご注意ください。
キャンセルの申し込みをしてから留学までのお日にちによってキャンセル料金が変わります。

キャンセル申込み時点キャンセル料金
入学31日前まで30,000円(1人当たり)
入学30日~5日前まで留学費用の30%分
入学4日~2日前まで留学費用の50%分
入学前日及び入学当日留学費用の60%分
入学当日の無連絡でのキャンセル払い戻しなし

※留学費用=授業料+寮費+食費の合計

※現地でキャンセル申し込みの場合
留学残り日数が29日以上ある場合は、29日以降分に関しての料金の50%分を返金となります。

〇生活面について

Q.郵送物について。
BrilliantCebu校へ荷物を送っていただくことは可能ですが、
セブでは郵便局へ取りに行って頂く形になりますので、各自確認をしていただき、取りに行っていただきます。

Q.病気やけがをした場合に近くに行く病院などはありますか?
ジャパニーズヘルプデスクのある総合病院としまして、「University of Cebu Medical Center(UC Medical)」が学校より徒歩5分の場所にございます。

Q.学校周辺の治安は大丈夫ですか?
BrilliantCebuの建物周辺には有名なCebu医科大学やそこに通う学生のための学生寮、インターナショナルスクールなどがあり、学生が多く集まる学生エリアにあります。
ダウンタウンなどや繁華街とは違い安心感があります。

Q.近くにショッピングモールなどはありますか?
一番近くには学校の建物からすぐ見えることに「パークモール」という大型ショッピングモールがございます。そちらに食材、日用品などが揃うスーパーなども入っています。パークモールの隣には「シティタイムスクエア」というモールもございまして、沢山の飲食店が中にはございますので、学校の近くで外食をする生徒様も多くいらっしゃいます。超大型ショッピングモールの「SMシティーモール」も車で10分ほどで行くことができ、休日にはオープンカフェでくつろぐことも可能です。

Q.マッサージも格安とのことですので行きたいのですが学校近くにありますか?
学校のすぐお隣、徒歩0分の建物の1階にタイ式マッサージ店がございます。
こちらでは1時間200ペソ、約500円という格安で受けることが出来ます。